音声携帯電話 (らくらくホンなど) で商品がわかるようにしませんか

像がにじんでしまうため、CMOS カメラでは、専用のバーコードスキャナのように、バーコードのありかを探しながら回転させて読むことができません。ローリングシャッタ機構が動画像の歪みに,レンズ径の小ささ (露光時間の長さ) が動画像のぼけに作用するからです。

しかし、像がにじんでいても、バーコードらしきものを発見したときに音を鳴らしてもらえれば、回転の手を止めて、にじみなく撮像することができます。高解像度CMOSがあれば被写体のオフセットは問わないので、「バーコードらしきもの」を発見する画像処理技術があれば、ちょっとした工夫で、携帯カメラでも商品案内は充分可能です。

そしてそれが、3 年後の理想のゴールです。携帯電話メーカさんも、ぜひ力を貸してください!!