Barcode-Talker for Windows リリースのお知らせ

2011 年 2 月 5 日
情報処理学会ユニバーサルデザイン協創フォーラム


「Barcode-Talker for らくらくホン」(BT4R) に続き、「Barcode-Talker for Windows」(BT4W) を、予定通り 2/17 (木) にリリースします。既報のとおり、問い合わせの集中を避けるために、リリース予定を遅らせましたことをお詫び申し上げます。


BT4W は基本の骨組みだけでリリースされますが、現時点で BT4R が備えているすべての基本機能に加え、購入日が記録に残せる QR シールの発行機能など新機能が備わっています。また、点字の読める方には、専用プリンタを接続して、点字シールも発行できるように随時拡張されていく予定です。このように随時進化していくやっかいなプロダクトのため、当面のあいだ、

  • 独力で、または身近な方と問題を解決して、協力機関に質問することなしに使い始められる方
  • 使い方の説明などを積極的に発信し、自ら他の視覚障碍者の助けとなれる情報スキルを持っていらっしゃる方
のみに限定して使用を許諾します。ウェブや幾多のメーリングリストを通じ、ユーザ間で問題解決ができる時期になりましたら、一般の視覚障碍者の方のための使用許諾を開始します。そのため、一般の視覚障碍者の方への許諾開始時期については、お問い合わせをいただきましても現時点ではお答えをいたしかねます。


バーコードスキャナ,QR シールプリンタ,点字シールプリンタなどは、情報処理学会や静岡大学で販売するわけではなく、別途購入が必要です。適合する設定のスキャナを 4,000 円台で販売いただける販売店に、お話を通してあります。


本来なら、いまその販売店を紹介しておけば、先に注文しておいてリリース直後から使い始められるようにできるのですが、そのお店はとても良心的なところで、すこしでも価格を下げて提供しようと人件費を極限まで抑えて努力しているところです。紹介したとたんに同じく質問攻めに会ったり、「大至急送って」のような注文が行ってパンクしてしまうのではないかとちょっと心配で、リリースまでの 12 日間、このご案内を出させていただくことにしました。


プロジェクトは 2012 年 3 月に大きな節目を迎えます。購入した周辺機器が無駄になっても、私たちはなんらの補償ができるわけではありませんので、その点はご容赦ください。と申しますか、節目以降続かないとすれば、それは私たちだけの力不足ではなく、ユーザのみなさまの責任でもあるということです。それが「協創」の精神ですから、よろしくご理解のほどお願い申し上げます。


ソフトは、以下のページに 2/17 にダウンロードリンクが追加され、公開されます。スキャナの入手先なども同時にご案内の予定です。私たちや協力機関は、問い合わせ対応に追われるためにソフトを公開したり、安価でスキャナを販売しているわけではない点、よろしくご理解のほどお願い申し上げます (もし、触って決めたい、試して決めたいなどの場合は、価格のちがいをサポート料と納得できれば、家電量販店さんの店頭でもお求めになれます) 。みなさんで「目が見えなくても中身がわかる!!」世界を作っていきましょう。


Barcode-Talker ダウンロードページ


ダウンロード開始までのあいだ、動画をお楽しみください。出演者は、BT4W 開発モニターの飯田氏と、クライアント,サーバ一式の開発,ユーザ対応までを一手に切り盛りしている、Barcode-Talker プロジェクトマネージャの西英彦 (大学院 IT スペシャリストコース 1 年次) です。